毎日の朝食やオフィスで飲んでる「アレ」が、実は心臓病予防に効果があったのです!!

怖~い心臓病の原因とは

突然発生する胸の痛みや息切れは、年齢を重ねるごとに起きる可能性が高いことでしょう。これらの現象は、一般的に心臓の異常が原因となるため、おかしいと感じたら早めに病院に行くことが大切となりますよ。心臓病の原因は様々な側面から発生するのが特徴的であり、1980年代からはコレステロール値の増加に伴う動脈硬化による心臓病が一般的となりました。特に2000年代に入ってからは急速に加工食品が普及するようになり、高カロリーな食生活になりがちとなったのです。

これでバッチリ!心臓病を食事で改善する

生まれつきの体質や年齢の関係など、様々な原因から発症するのが心臓病の特徴ですが、一番は食生活次第で発症の有無や度合いが異なるものでしょう。なぜなら、食べたものに含まれる成分は消化の段階で血中に入りますよね。また、不思議なことに人間の体は食べ物の脂分によって血液の粘り気が変わる素質がありますよ。つまり、予防のためには肉類、加工食品などは避け、魚介類や野菜を中心的に摂取することが大切ですね。それから、2011年の研究ではコーヒーが心臓病を防ぐのに絶大な効果があることが判明したのですよ。

毎日よく飲む「アレ」がなぜ、心臓病に良いのか?

朝食時やオフィスで眠気覚ましや一息つきたい時に飲む「コーヒー」。実はこの飲み物、意外なことに心臓病予防に絶大な効果がありますよ。では、なぜコーヒーが心臓病に良いのか。まずコーヒーには、多くの方がご存知だと思いますが、カフェインが含まれており、血管の内皮を補修する働きがあります。また、血糖値や血圧を調整するクロロゲン酸が併せて含まれており、心臓病の原因から防ぐ働きがあります。しかし、カフェインが含まれているので一日4杯までといった適量を心がけることが大切なことでしょう。

大動脈瘤は動脈内に風船のように膨らんだ瘤ができている状態です。主な原因は高血圧です。血液が動脈の壁を押し続けることで、膨らんでいくと考えられています。

Comments are closed.