性格が心臓病に与える影響とは!自分を知って心臓病予防

心臓病になりやすい人

ある日突然襲ってくるという心臓病。発症してからだとすでに手遅れということもあったりしますね。したがって、心臓病を予防するためには日常的に気を付けておく必要あるわけです。とりわけ性格が心臓病に関係するということを知っていますか。心臓病の中でも特に多い心筋梗塞や狭心症は心臓を覆っている冠動脈の動脈硬化が原因となって引き起こされます。つまり心臓病も血管に関係する病気であり、血管は高血圧と密接な関係があります。そして高血圧は性格からも影響を受けますよね。

怒りっぽい人は要注意

人は怒ったり憤ったりすると血圧が上がるものです。日常的に怒りっぽい性格の人は、血圧もずっと高めの場合もあります。血圧が高いと、当然血管にかかる負担も増大してしまいます。血管にかかる負担が増えれば、冠動脈にかかる負担も当然増えてしまいますね。したがって、怒りっぽい人は心筋梗塞や狭心症などの心臓病とも無関係ではないということになるのです。怒りっぽい性格を改めることは簡単なことではないかもしれませんが、心臓病のリスクを固めてしまう要因になりかねないので、何とか改めるようにしましょう。

ストレスを受けていても危険

心臓病はストレスも大きなリスク要因となります。ストレスがたまると心臓や血管に大きな負担がかかってしまいます。ストレスは性格にも起因します。たとえば、人前で自分の感情をおさえてしまうような人は、知らず知らずのうちにストレスをため込んでしまっているような場合もあります。負けず嫌いであったり、神経質であったりしても、ストレスはたまりやすくなりますね。仕事をしていたりするとストレスはどうしても溜まってしまうかもしれませんが、発散できる方法などを見つけて、できるだけストレスを軽減するようにしましょう。

大動脈弁狭窄症では心臓の出口が狭くなって血液がうまく心臓の外に出ていけないので、これを広げる必要があります。カテーテルを使って風船を大動脈弁の位置まで持ってきて、そこで風船を広げる治療が効果的です。

Comments are closed.