バストアップしたい?色々ある豊胸の手術方法

胸が小さい事に悩んではいませんか

胸が小さいことはコンプレックスの大きな一因となります。気にならない人も居るかもしれませんが、気になる方は性格さえ変えてしまう問題と言えるでしょう。その問題を解消するには、バストアップに効果のある食べ物や運動等が挙げられます。しかしなかなか効果が無い方も居るでしょう。そんな方は美容整形のバストアップを考えても良いかもしれません。ただ、バストアップと言っても様々な方法が存在しています。自分の事情に合わせて選んでいきましょう。

脂肪注入をしてバストアップ

バストアップの方法として脂肪注入があります。脂肪と言っても人工的な物や他人の物ではありません。自分の脂肪を注入しますから安全性は高いと言えるでしょう。この脂肪を注入するバストアップは、豊胸だけでは無くて部分痩せにも効果があります。必要と無い部分、へこませたい部位の脂肪を取りますから、取った所が痩せるのは必然です。他にも自分が持っている脂肪を使いますから不自然な硬さ等が無くて自然なバストアップをすることが可能となります。

シリコンバックによるバストアップ

人工的なシリコンバッグを挿入することでバストアップができる手術方法です。ただしシリコンバッグは一律同じ物ではありません。個人の体質や好み等によってどんなバッグを入れるのか、選択できるのは魅力でしょう。ただ、人口の物ですから体に悪影響を与えてしまうと考える方も居るかもしれません。しかし美容整形の技術が高まることによって、バッグの素材や耐久性についても進化している状況です。そのため安全性の高いシリコンバッグが多くなっています。

美容整形には手術後に安静しなければいけないダウン期間が設定されているので、仕事や日常生活に支障をきたさないように確認が必要です。

Comments are closed.